ハッキング

ハッキング概要

攻撃者の視点、思考を学ぶハンズオンセミナーです。Webアプリケーションやネットワークに対して実際の攻撃を体験することによって、攻撃の仕組みを深く理解します。

コース紹介

ハッキング|ハードウェア

ハンズオン★★★

本コースは、ハードウェアハッキングに必要となる基礎的な知識とテクニックを習得するためのハンズオントレーニングコースです。

ハッキング対象のハードウェアの技術仕様に関する情報収集から、ロジック・アナライザ等を用いた通信の盗聴・解析、ファームウェアのダンプ、取得したファームウェアの解析まで一連の技術を習得することを目的としており、チップオフやはんだ付けなども体験することができます。

制御システムを始め、様々なIoTのサイバーセキュリティに関与する技術者、防衛装備品などの特殊なデバイスのセキュリティに関与する技術者、法執行機関のフォレンジック担当者にとって有用な知識とスキルの獲得が可能なトレーニングコースです。

詳細

重要インフラ|独自プロトコル解析

ハンズオン★★★

重要インフラの制御システム、特にネットワーク層でのハッキングを対象としたトレーニングとなります。

受講者はシステムで使用されるプロトコルの仕様書を読み解き、キャプチャ / 表示や解析 / テストや攻撃といった点で流れるデータと向き合っていただきます。

詳細

ハッキング|モバイルネットワーク

ハンズオン★★

東京オリンピックの開催に向けて更なる普及が見込まれる公共のWi-Fi接続スポット、脆弱なスマートフォンアプリケーションの存在など、私達を取り巻くモバイルネットワーク環境は、犯罪者にとって格好の攻撃対象であり、様々な脅威が潜在しています。
本コースでは、一般的に使用されているWi-Fiネットワークの利用者を攻撃対象として、「通信の傍受〜モバイルアプリケーションへ攻撃〜攻撃対象デバイスのBot化〜攻撃対象デバイスからの情報の窃取〜更なる攻撃の展開」まで、一連の攻撃プロセスをハンズオン形式で体験します。
これにより、モバイルネットワークの安全性確保と脅威への対処に必要な実戦的な知識と技術を習得することを目的とします。

詳細

ハッキング|ネットワーク

ハンズオン★★

ブラックボックスハッキングによるミッション形式の実習により、実際のネットワークに対して、受講者が自ら攻撃対象の脆弱なポイントを見つけ出し、攻撃を試行します。
また、ソーシャルエンジニアリングを含むハッカーの思考を体験することにより、現実の攻撃にも柔軟に対応できる実戦的な対処能力を身につけることを目的としています。

詳細

ハッキング|Webアプリケーション

ハンズオン★★

SQLインジェクション、クロスサイトスクリプティング、ファイルインクルージョン、デフォルト設定の弱点等を実際に発見し攻撃を体験することで、ハッカーの視点からWebに対するセキュリティへの理解を深めます。
昨今多発するWebを介した情報漏洩や不正アクセスに対する実戦的な対処能力を身につけることを目的としたトレーニングプログラムです。

詳細

講師について

ラウリ コルツパルン
ラウリ コルツパルンLauri Korts-Parn
鎌田敬介
鎌田敬介Keisuke Kamata
上野 宣
上野 宣Sen Ueno
コース名 日程 期間 空席
重要インフラ|独自プロトコル解析 お問い合わせください。 2日間  空席
モバイルネットワーク お問い合わせください 2日間  空席
ネットワーク 2021年10月7日(木)- 10月8日(金) 2日間  空席
2022年1月25日(火)- 1月26日(水) 2日間  空席
Webアプリケーション 2021年10月5日(火)- 10月6日(水) 2日間  空席
2022年1月27日(木)- 1月28日(金) 2日間  空席