トレーニング

ハッカーの視点や考え方を体験することで真の防御が見えてくる。

ハッカーの視点や考え方を体験することで真の防御が見えてくる。

トレーニング 一覧

» 開催スケジュールはこちら

» ハッキング

本トレーニングは、各コースそれぞれ実際の攻撃者の目線による思考・行動を学ぶ、実践形式のトレーニングです。各コースでは実際に攻撃対象用のWebアプリケーションやホストに対して、日常では行う事のできない攻撃を実際に行い、その攻撃による脅威を肌で感じることができます。Webアプリケーション開発者やインフラ構築のエンジニアから、マネージャクラスまで幅広い層を対象とし、実際に起こりうる脅威について体感して頂けます。

» セキュリティ診断

本トレーニングは、各コースそれぞれ脆弱性診断を行う診断員と同じ目線でWebアプリケーションやネットワークを診断し、企業内における簡易的な診断作業者を育成する為のコースです。コースでは、脆弱性診断を行う際に使用するツールと同じものを使用して、擬似的な診断員となっていただきます。

» セキュアコーディング

セキュアなWebアプリケーション開発に必要なコーディング技術を基礎から網羅的に習得することを目的としたトレーニングです。

» フォレンジック

本トレーニングは、これからフォレンジック調査員となる方向けの基礎コースから、現役のフォレンジック調査員の方にもご満足頂いている応用コースまで用意しています。また、コンピュータフォレンジック技術のみならず、近年普及のめざましいスマートフォンを対象としたフォレンジック技術も習得できます。コースの一部はインターポールの教育にも活用されています。

» マルウェア解析

実際のマルウェアを用いて、検体の収集方法から解析方法までを学びます。web感染型のマルウェアや標的型攻撃で使用されるマルウェアを題材として取り扱います。

» インシデント・レスポンス

インシデント・レスポンスは、企業においてインシデントが発生してしまった際の対処方法(レスポンス)について学習頂けます。インシデント・レスポンス基礎編ではCSIRTの基礎的概念から始まり、インシデント発生直後の初動対応、事後対応までトレーニングします。インシデント発生後の対応内容として、ディスク解析や悪意あるソフトウェア(マルウェア)の解析まで、インシデント・レスポンスは幅広くサポートしています。そのため、受講者の業務とマッチするコースをお選び頂くことができます。

» Exploit Writing

ページトップへ