サービス | コンピュータ・フォレンジック

電子データの適切な保全、重要なデータの収集

コンピュータ・フォレンジック 概要

インシデントに関連するコンピュータ等に記録された電子データを適切に保全し、重要なデータの収集を行い、お客様へ報告します。対応する調査員は、訴訟対応や捜査機関への調査実績と教育経験を持つ国内でも数少ない専門家です。

フォレンジック(Forensic)とは?

インシデントレスポンスや法的紛争・訴訟に対し、電磁的記録の証拠保全及び調査・分析を行うとともに、電磁的記録の改ざん・毀損等についての分析・情報収集等を行う一連の科学的調査手法・技術を言います。

引用:特定非営利活動法人デジタル・フォレンジック研究会

コンピュータ・フォレンジック 調査事例
  • Winnyやマルウェア感染による情報漏洩
  • 退職者など組織内の人間による情報搾取
  • 不正会計、横領に関する証拠収集
  • 元会社役員による従業員引き抜きの実態調査
  • 過労死訴訟における勤務状態の把握
  • セクハラ、パワハラ有無の確認
  • サイバー攻撃による情報流出の確認

インシデント対応サービス 〜事故対応から訴訟支援まで〜

ICTが社会のあらゆる場面に利用される現代においては、情報漏洩、内部不正、資産横領などの様々なインシデントの証拠が電子データとして残ります。一度インシデントが発生してしまったら、迅速かつ適切な対応が何よりも重要となります。初動の対応がその後の解析作業や企業イメージまでも左右する現況下、情報漏洩であれば、どんな情報がどれだけ流失したのか、まずはなるべく早く正確な現状把握を行う必要があります。

しかし、外部からの攻撃に代表されるようなセキュリティインシデントにおいては、費用や予算よりも優先順位の高い項目が多いため、複数社への見積依頼などを行っている余裕はありません。こうした状況を鑑み、サイバーディフェンス研究所では、初動からトリアージ(緊急度によって優先する事柄を決めること)までの緊急対応を、無償サービス「情報漏洩911」にて提供しています。更に、お客様がインシデントについての説明責任(監督官庁への報告書提出)や訴訟対応を実施できるように、サイバーディフェンス研究所ではデジタルデータの鑑識技術であるフォレンジック技術を用いた電子データの適切な保全、解析のサービスを実施し、初動から復旧支援までワンストップソリューションを提供します。

» 「情報漏洩911」詳細はこちら

コンピュータ・フォレンジック事例

  • 事例1)自宅サーバへの情報持ち出し
  • 事例2)ファイル共有ソフトによる情報漏洩
  • 事例3)権限者による情報転売
  • 事例4)USBメモリによるウイルス感染
  • 事例5)過労の認定
  • 事例6)フォレンジックが必要とされる背景【不正競争防止法の改正】
  • 事例7)フォレンジックが必要とされる背景【e-Discovery対応(FRCP(連邦民事訴訟規則)26条の改正)】

お問い合わせ先

911サービス、フォレンジックに関するお問い合わせは、お問い合わせフォームまたは下記までお願いします。

911・フォレンジック担当:名和、杉山
e-mail: 911@cyberdefense.jp
tel: 03-3242-8700

ページトップへ