教育セミナー | インシデント・レスポンスセミナー

ハッカーの視点や考え方を体験することで真の防御が見えてくる。

インシデント・レスポンスセミナーの概要

基礎コース [ lecture ]

本講座は、サイバーインシデントの検知能力および初動対処能力の向上に資するためのトレーニングコースです。 インシデントハンドリングの経験と実績を活かし、CSIRT(Computer Security Incident Response Team) 構築及び、サイバー演習(机上演習、機能演習等)の国内第一人者であるサイバーディフェンス研究所の講師が、インシデントハンドリング能力の向上のためのトレーニングをインタラクティブに行います。

[new]IR技術基礎コース [ hands-on ]

サイバー攻撃などのセキュリティインシデントに対して、インシデントの予兆の把握から検知の⽅法、初動対応、迅速かつ的確な状況判断のためのライブレスポンス(分析対象データの収集、不審なプログラムの確認、攻撃⼿法および被害範囲の推定⽅法など)までをハンズオンで学ぶセミナーです。
本コースを履修することにより、迅速かつ正確なインシデントレスポンスを⾏うために最低限必要な知識と技術を習得できます。 外部ベンダーとの連携を前提とした組織や、CSIRTを⽴ち上げたばかりの組織、またインシデントレスポンス技術を初歩から学びたい⽅向けの内容となっています。

APT対処演習コース [ hands-on ]

本セミナーは、企業や組織がインシデント対応を行う際に必要な知識と技術を実戦的な演習をとおして学びます。
擬似環境に対して、リアルタイムに実施される攻撃(マルウェア感染/遠隔操作/情報の窃取が行われるまでの流れ)を体験しながら、検知と分析の手法を学びます。
これにより、APT攻撃の全体の流れを理解すると同時に、対処のポイントを理解することができます。
主に、組織内CSIRTやインシデントレスポンス担当者の技術力の向上にご活用頂くことを想定した内容となっています。

ページトップへ

講師について

名和 利男 (Toshio Nawa)
名和 利男

航空自衛隊において、信務暗号・通信業務/在日米空軍との連絡調整業務/防空指揮システム等のセキュリティ担当(プログラム幹部)業務に従事。 その後、国内ベンチャー企業のセキュリティ担当兼教育本部マネージャ、JPCERT/CC早期警戒グループのリーダを経て、サイバーディフェンスに参加。 専門分野であるインシデントハンドリングの経験と実績を活かして、CSIRT(Computer Security Incident Response Team) 構築及び、サイバー演習(机上演習、機能演習等)の国内第一人者として、支援サービスを提供している。 当研究所のCSIRTであるCDI-CIRTの設立者。

ページトップへ