企業情報 | メンバー紹介

高度なセキュリティ技術をもったプロフェッショナル集団

Lauri Korts-Pärn (ラウリ コルツパルン)
Lauri Korts-Pärn

当研究所CTO。エストニア出身。タリン技術大学で8年間Linux管理者を務める過程で、ネットワーク、Linux、複合セキュリティ環境等に関する高度な技術と知識を習得する。2003年、欧州で開催された、セキュリティ研究機関Zone-hのハッキングミッションを史上最速でクリア。その後、Zone-hの中心メンバーとして、世界各国で実践ハッキングセミナーの講師を務めている。 2004年よりサイバーディフェンス研究所に参加し、セキュリティセミナーや脆弱性診断業務に従事している。この間、多数の重要な日本企業のセキュリティ診断を実施する傍ら、DefConのCTFコンテストの決勝戦に進むなど、数々の貴重な経験を積んでいる。卓越したハッキング技術に加え、エストニア語、英語、日本語、ロシア語、フィンランド語などの多言語を自在に操る。現在、様々なセキュリティ診断ツールの開発や当研究所セミナー講師等を担当している。時折、真っ赤なTシャツと短パンに、濃い色の派手なサングラスで出勤する。

福森 大喜 (Daiki Fukumori)
福森 大喜

大手セキュリティベンダーでIDS、IRT、Webアプリケーションセキュリティ検査等に従事した後、国内ベンチャー企業にてWebアプリケーションの診断サービスを立ち上げる。 IPA情報セキュリティ早期警戒パートナーシップにおいて、1年間という極めて短期間で120件以上のソフトウェアの脆弱性を報告、2007年に第3回IPA賞を受賞している。 韓国のセキュリティカンファレンス「POC 2007」で日本人初のスピーカーとして講演。 2009年GoogleのNative Client Security Contestにおいて4位入賞。 特にWebアプリケーションのセキュリティの分野では、国内第一人者として活躍。講演、執筆等多数。 口癖は「ビーサンとレッドブルがあれば侵入できる。」

名和 利男 (Toshio Nawa)
名和 利男

航空自衛隊において、信務暗号・通信業務/在日米空軍との連絡調整業務/防空指揮システム等のセキュリティ担当(プログラム幹部)業務に従事。 その後、国内ベンチャー企業のセキュリティ担当兼教育本部マネージャ、JPCERT/CC早期警戒グループのリーダを経て、サイバーディフェンスに参加。 専門分野であるインシデントハンドリングの経験と実績を活かして、CSIRT(Computer Security Incident Response Team) 構築及び、サイバー演習(机上演習、機能演習等)の国内第一人者として、支援サービスを提供している。 当研究所のCSIRTであるCDI-CIRTの設立者。

林 真吾 (Shingo Hayashi)
林 真吾

零細プロバイダにてバックボーンの構築業務を経て、2010年からCDIに参加。インターネット黎明期から息を吐くようにハックを嗜み、語るのも憚られる、アングラ(死語)の世界にのめりこむ。 当時は、クリック猿として目覚しいサイト遷移を行い、セイシェル諸島からの国際通話の請求を取得するなど、世界経済の一翼を担う。 CDIでの活躍の場は、Web、ネットワーク、組込み機器、スマートフォンアプリの診断やセミナー講師を務めるなど、その手腕を余すことなく発揮するマルチプレイヤー。 最近は、カーネルレベルでの診断を支援する、統一インタフェースモジュール un(unified).koを開発中。

ページトップへ