ニュース | フォティーンフォティ技術研究所とサイバーディフェンス研究所が情報セキュリティ分野で業務提携

サイバーディフェンス研究所の新着情報

フォティーンフォティ技術研究所とサイバーディフェンス研究所が情報セキュリティ分野で業務提携

-フォティーンフォティの製品開発とサイバーディフェンスのサービスを融合し
国内最高レベルのセキュリティソリューションを提供-

2009年11月05日

この度、株式会社フォティーンフォティ技術研究所(代表取締役 鵜飼裕司、東京都新宿区、以下「FFR社」)と株式会社サイバーディフェンス研究所(代表取締役 小林真悟、東京都千代田区、以下「CDI社」)とは、以下分野において、事業の提携を開始することを発表いたします。

1. FFR社の製品をCDI社のセキュリティサービスに活用
2. 組み込み機器のセキュリティ強化のためのソリューションを共同開発
3. ウイルスなどの不正なプログラムの解析をFFRが支援
4. 営業活動、技術研究の両面において協力関係を強化

昨今のインターネット上の脅威は、日々複雑化・多様化の一途を辿り、ゼロデイ攻撃や標的型攻撃が日常化している状況です。そんな中で、パターンファイルに依存した汎用的なセキュリティソリューションでは対応できないウイルスやハッキング行為が後を絶ちません。

FFR社の開発した国産のアンチウイルスソフト「FFR yarai」は、パターンファイルに依存せず、脆弱性を悪用した攻撃コードの検出や、ウイルスの悪意ある振舞いと、高精度で検出する独自技術により、ゼロデイ攻撃も含め外部からの脅威を遮断するソリューションです。

一方で、CDI社の提供するペネトレーションテストにおいても、パターンファイルをベースとした検査ツールには一切依存せず、あくまで外部からの攻撃者を想定したハッキング行為を実施することにより、情報システムに内在する具体的なセキュリティリスクを洗い出すことで、危険を排除します。

今回、FFR社のセキュリティ技術をCDI社のサービスに組み込むことで、他社では実現できない真のセキュリティソリューションを提供します。FFR yarai のウイルス検知エンジンを活用したWebサイトの監視サービスや、ネットワークレベルからハードウェアレベルに至るまでの組み込み機器のセキュリティ監査サービス等を共同で開発する予定です。

■株式会社フォティーンフォティ技術研究所について
URL : http://www.fourteenforty.jp/ External
高度なセキュリティ技術と開発能力を活かして、「FFR yarai」など国産のセキュリティ製品を開発するセキュリティ専門の研究開発企業。

本件に関するお問い合わせ先

株式会社サイバーディフェンス研究所
営業部 松野 (Tel : 03-5209-4335  E-Mail: sales@cyberdefense.jp)

ページトップへ