ニュース | Fuzzing & Exploit Writing実践セミナー開催のお知らせ

サイバーディフェンス研究所の新着情報

Fuzzing & Exploit Writing実践セミナー開催のお知らせ

2007年09月18日

この度、当研究所では米国イミュニティ社 (www.immunitysec.com) と共同で、「Fuzzing & Exploit Writing実践セミナー ~未知の脆弱性の発見と攻撃コードの作成~」を2008年2月5日(火)から2月8日(金)の4日間の日程にて開催することになりましたのでご案内いたします。

本コースは、企業内にてセキュリティを担当する技術者やセキュリティサービスを提供する技術者向けに、米国及び欧州で繰り返し実施されており、米軍や米国セキュリティコミュニティにおいても、極めて高い評価を得ている実践コースをベースにしております。今回は、日本向けにカスタマイズした内容にて、当該分野では国内唯一の高度実践セミナーとして開催いたします。講師はShellcodeの世界的第一人者である、Dave Aitel氏を招き、氏を中心に当研究所のセキュリティ専門家が入念に演習のサポートをいたします。

ネットワークへの攻撃手法は日々複雑化を遂げております。一方で、既存のセキュリティ対策は、公開されている脆弱性への後追い対策にとどまり、ゼロデイ攻撃のような未知の脅威に対しては無力です。今やセキュリティ技術のプロフェッショナルには、そのような脅威が顕在化するに先んじて、問題点の発見と検証をする能力が求められます。

本コースの受講により、脆弱性と攻撃のメカニズムの本質を理解いただくことで、上記問題点の発見と検証能力を養うだけでなく、日々報告される脆弱性情報に的確に対応することが可能になります。

是非、この機会をお見逃しなく、ご受講くださいますようお願い申し上げます。

Fuzzing & Exploit Writing実践セミナーの詳細はこちら

サイバーディフェンス研究所

ページトップへ